バヌアツ訪問記その3

イザベラ・バード
明治初頭に日本の奥地を旅した一人の女性がいる。その人の名はイザベラ・バード。生来身体が弱くある時医者から転地療養を勧められ旅行を始めることになった。そして彼女は47歳の時に来日し、まだ江戸時代の面影を残す日本の奥地、東北や北海道を旅するのである。それも徒歩にて、あぶなっかしいまだ18歳の日本人通訳兼ガイド一人だけを付けて。勿論、彼女以外にほかの外人はいない。現代人の私たちの感覚からすれば、これは想像を絶するような探検旅行であり、その苛酷さを思えば私のバヌアツ訪問などはお話にならないくらいちっぽけなものである。そんな彼女が、この体験を「日本奥地紀行」にまとめたなかで終始語っているのが、日本人の「礼儀正しさ・優しさ・親切さ」に触れ、直感的に人情の美しさを感じ取っている点である。 実は、毎回バヌアツを訪れた際に、ある種なんとも表現のしがたい「なつかしさ」のようなものを感じていた。いま思うに、たぶんイザベラ・バードが日本人から受けた印象と同じようなものではないかと勝手に想像するのである。つまりは、日本人が忘れてしまった「日本人らしさ」である。これは、恐らく西洋文明が流入し経済発展を遂げた国において受ける万国共通の感覚的欠落なのではないだろうか。
確かに文明の利器が入ることで生活は豊かになるが、その代償に失うものがあるのも事実だ。しかし世界のどんな辺境の地であれ、この流れは止めることはできない。グローバルな経済はいろいろな国のありとあらゆる隙間に入り込んできている。厄介なのは、物質的な豊かさは目に見えるものが多い反面、失うものには目に見えないものがあり、静かに音もたてずに消えて行くという点だ。情けなくも、こんな些細な体験からかくも受け止めがい事実を突き付けられ、あらためて「こと」の重大さに愕然とするのである。当たり前のことが知らずのうちになくなってしまうことの恐ろしさを感じずにはいられない。 ところで、ドイツ人青年から投げかけられたあの鋭い質問「果たして彼らに西洋文明を持ちこむことが支援になるのだろうか」に対しての私なりの答えはこうだ。

子供たちに世界をみる「窓」を
世界のどこにいようが、このグローバル経済のある意味「津波」にも似た影響を回避することはできない(携帯電話がいい例)、早晩その日はやってくるのだ。100年以上も前にイザベラ・バードが目撃した、日本の鎖国が破られ西欧化が始まったその様が、いまだに世界の辺境で繰り返されているわけである。あの鎖国に近い状況のブータンでさえ、その変化は少しずつ起こっていると聞く。であるならば、どうやってその流入を防ぐかではなく、どうそれを受け入れるかが問題となってくる。その鍵は「教育」にある。その価値判断をするためにもまずは世界を知ること、開国前夜に多くの日本人が欧米を視察に法を犯してまでも出かけ初めて日本を外から見て理解したように、自国が置かれている状況を把握することにある。そして、われわれもそうであったように西洋文化に憧れを持ち少しくらいカブレてもよいが、やはり自分たちの独自性を認識することがことさら必要に思われる。伝統文化を継承しつつも、受け入れるべきものは受け入れ、そうでないものはきっぱりと断る、そんな態度が取れるようになることを願うばかりである。それには「世界を覗く窓」がどうしても必要になる。実は今年2月の訪問時に学校の校長先生からお願いされていたのは、ネットが通じる環境を整えてくれというものだった。電話回線が来ていないので、パラボラアンテナでも設置しない限り不可能で今回は見送ったのだが、それは「子どもたちにもっと世界を見せてあげたい」という先生達の希望からだった。もちろんパソコンの「窓」からである。しかし、誰もが気づいているように知識偏重の教育での弊害はわれわれも経験済みで、如何に正しい考え方ができるか、どうやって自分たちのアイデンティティーを構築することができるかにかかっている。たかだかパソコンの寄贈ぐらいで、そんな先の大それたことまで考える事はないと言われればそれまでだが、あのきらきらと輝く瞳の行く末はどうしても気になって仕方がない。

異なる文化と触れ合うことで

イザベラ・バードの素晴らしい点は、その行動力は言うまでもないが、彼女の視点に先入観や自分のキリスト教的価値観に囚われるところなく、素直に触れた物事についてナチュラルで鋭い感性をよりどころとして評価しているところだ。そのために旅行中は英国とは全く違う風俗慣習のなかで努めて日本人と食生活をともにし、同じような生活体験を重たうえで、日本の素晴らしいところは評価し、そうでないところも指摘している。そういう意味においては、異なった文化を受け入れる態度が彼女の秀でた資質としてあったと感じられる。比べるのもおこがましいがそんな才能もなく、無意識ではあるにせよ気がつけば色眼鏡をとうしてバヌアツを見ている自分に「はっ」とすることしきりである。 こうして考えてみると、自分が支援に行っているのか、はたまた支援されているのか、はなはだ疑問になってくる。まあ、そうやって内なる世界にバランスを保たせるのも、現代社会に毒された私にとっては、良いリハビリになっているのかもしれない。 いくつまで続けることができるかわからないが、とうぶん私のバヌアツ通いは終わりそうにない。

e0366290_13312283.jpg

写真 : バヌアツマーケットの様子


[PR]
by flora240 | 2011-02-20 13:32 | バヌアツ